てけとーな日常と気に入った民話を報告するブログ・・・?


by Hemorrhage

久々に日記

高校時代
私はスポーツ高校に居た
高校にはスポーツの出来る馬鹿と
タダの馬鹿と
不良な馬鹿と
一部の勉強の出来る馬鹿と
紳士(私)が居た
こういう世界では
スポーツ馬鹿が学校で一番エライ(教師除く(一部の教師は例外で全馬鹿以下だったが))

だから三年のスポーツ馬鹿の恐怖政治が学校では行われていたのだ
スポーツ馬鹿三年はスポーツ馬鹿一年、二年を使役する。
他の馬鹿には偉そうなスポーツ馬鹿(一年)も
三年のスポーツ馬鹿には頭が上がらない。それどころか命令は絶対だった

スポーツ馬鹿の鉄則
(1)
1年は電車に乗る時、同じ電車に三年が居たら同じ車両までダッシュで行って挨拶
さらにその三年の前で腕組んで並んで立ってなくてはならない
同じ電車に居る三年を見つけられなかったら学校前の駅で降りて罰ゲーム
所謂リンチを食らう。かなり容赦なく殴られて蹴られる
(2)
1年は昼食を昼食の時間に食う事が許されない。
昼食時間になるとダッシュで先輩の居る食堂まで走っていって後はパシリ
スポーツ馬鹿以外の馬鹿が食堂で食券を買おうとしていたら力づくで押しのけて購入し
並ぶ。(ここでも他の馬鹿を無視してok)
たとえ後輩が悪くて遅かったとしても先輩が遅いと感じたら殴られる
(3)
他の馬鹿に対して非常に偉そうである。
勉強は出来なくても良い
顧問の先生には絶対服従
こういう学校の先生ははっきり言ってターミネーターみたいな連中が多い。
柔道部、剣道部の先生は愉快な性格だったが
ブチ切れると生徒が泡吹いて失神する位のパンチを平気で放つ。蝶コワイ
更には運動部の先生は文系の先生に攻撃してもokという不思議な現場も見た
剣道部の顧問、自称世界の飯田という先生がとある生徒をしかっていた時
何時ものように鬼のようなびんたが飛んで生徒の顔が膨れ上がっていたのを
他の先生が止めに入った時
「邪魔するなぼけがぁ!!」
といってその先生に綺麗な一本背負いを決めたのを私は見た。
余りに見事だったから今でも鮮明に思い出せる・・・w

スポーツ馬鹿高校、コレだけ聞くと随分コワイ場所だが
私には居心地の良い場所ではあった。
何セ馬鹿だけしかいなかったから面白いったらありゃしなかった

多分続く
[PR]
by hemorrhage | 2005-05-19 23:22 | 日記