てけとーな日常と気に入った民話を報告するブログ・・・?


by Hemorrhage

とりあえず二話目

二日目・・・
執事にワインとキャビアを用意させ
全裸でバルコニーから愚民どもを見下ろしながら
高らかと笑い飛ばす暮らしたしたい
そんな願いをこめて

今回もブログ、よろしくお願い致します。

今回はイギリス民話の特徴でもお話しますかね。

大英帝国
そんな領土が大きいわけでもないのに

大 英 帝 国

かの国はものすごくプライドが高い
そのため出てくる中国人、アイルランド人が
非常に扱いが悪く
どちらも信じられないレベルの馬鹿として扱われてしまっている。
これもお国柄というやつであろうな。
中国人の扱いは言葉が分からない馬鹿というだけであったが
アイルランド人はこの世のものとは思えない程の馬鹿として扱われている
ある話ではアイルランド人の集団が水面に映った月を見て
「チーズだ!!うっひょー!!」
と言って集団で井戸に飛び込んで仲良く溺れたりする。

アイルランドだって月くらい見えるだろう?

アイルランドは地底帝国だ!!とでもいうのだろうか
それとも何か?アイルランドの井戸はチーズと月を間違えて飛び込んだ馬鹿で埋め尽くされており、すでにアイルランド人は絶滅しかけていたりするとでも言いたいのか?
あまりにもひどい扱いである
そう言えば昔、船の上で英国人が威張り散らして他国の人々に迷惑をかけているところを
ワビサビマインドたっぷりなサムラーイが侍ラリアットで英国人を懲らしめ、馬鹿にされていた他の国の人から英雄扱いされたという話をどこからか聞いたことがある。
この国はとにかく昔からプライドの塊だったらしい

だが英国民話は他国を馬鹿にするだけではなく、
しっかりとした質のいいお話も沢山存在する
例えば有名な童話
ジャックと豆の木
三匹の子豚等もあり、また
ウィンティットン(ロンドンで三度市長を務め、女王陛下から騎士勲章をも賜った英雄)と猫という実在の人物を扱った童話もある。
童話で実在の人物の物語を聞かせ、子供たちに教訓と夢を与えるあたりはさすが大英帝国。
英国の民話は正義と言うものに従順で
英国人の主人公は正義の為なら悪を徹底的に懲らしめる風潮がある
がそれは次回語る事に致しましょう
今回はこの辺で・・・
               愛してるぜ大英帝国!
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-04 11:23 | 民話分析