てけとーな日常と気に入った民話を報告するブログ・・・?


by Hemorrhage

たまにはまじめに。

民話の裏には地域地域の人々の心がある
それぞれの望む物
それぞれの尊ぶ物
それぞれの恐れる物
日本民話と他の民話だと
文化がまったく違うためにまったく違う話しか存在しない
yes or no

答えはnoである
いくつか似た話が存在する。
前述した三兄弟もそのひとつであり、
我々のよく知る浦島太郎等にそっくりな物まである
コレが何を意味しているか
私はこう考える
結局人間は心の奥底で望む、根っこの部分の思考が酷似しているのであろう と
文化が近ければ近い程似た物語が存在する
イギリス、イタリア、ロシア、フランス等は
似た物語が非常に多い
思考が近ければ近いほど
同じ物を望むが故
手を取り合う事も出来るし
また、争う事にもなるのだ
人間の考え方をある程度統一できたなら
我々はもっと仲良くなれるかもしれない
争うにせよ、もっとまじめな喧嘩が出来ると思う
ぜんぜん私らしくないが
今朝はこの辺で。

こんなの一辺倒じゃ誰もついてこないので最近J話が好評っぽいので午後はJのアホな伝説でも載せてしまう事にしますがね。
最近宗教家と銀行員がウザイ程しつこく電話してくる
お前ら落ち着け
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-08 10:36 | 民話分析