てけとーな日常と気に入った民話を報告するブログ・・・?


by Hemorrhage

日記ネタがないから

日記は書くことがなーい
ので
今回は民話分析を致そう

メインは民話のはずなのだがな・・・・・

Q:関西で最も恐ろしい物は何か?

A:横山ノック

権力とエロスをかねそろえし
究極のタコ坊主。怖くないはずがない。


そして
欧羅巴(訳:ヨーロッパ 必殺技みたい)でもタコはイービルフィーッシュとして恐れられている
欧羅巴と大阪で意外な共通点がある事が分かる
と言う事は

大阪のプレデター、オバハン達も

欧羅巴に多数存在したのでは無かろうかという明智小五郎もびっくりな予想が成り立つ
そして早速検証した結果
多数居た事が判明した。
今回は皆さんにめくるめく民話世界の
欧羅巴オバハン達の生態の一部をご紹介しよう!!

1:欲深い

2:執念深い

3:実は人間じゃない

例を挙げればきりが無いので
今回は欲深い説の一部をご紹介しよう

英国民話のオバハン達の数名が経験した事で
私から見て驚くべき事があった
やはり昔の欧羅巴は主に土葬らしく
墓場には骨が散らかっていたりもしたらしい
なんとも不気味な話である
だが、英国のオバハンはパワーが違う
ある物語より・・・・
ある日の夜、オバハンが帰宅中に墓場を歩いていると
墓石の上に一本の太腿の部分のものと思われる骨が置いてあった
するとオバハン、どういうわけか立ち止まって墓石から骨を取り
「コレでスープを作れば

良い出汁が取れるに違いないわ。」


やったねママ!
今日は人骨スープだねっ☆


だねっ☆じゃない!!!!
意外性が高すぎるぞ英国家庭!!

ここで驚いたのが死者である
「おいおい、骨もって行くなよ!!」
と思うもオバハンは恐れることなくその骨を鍋の中に入れてしまい
ためらう事無くスープを作ってしまう。
だが、もって行かれた方も方で
実はオバハンだったために
「あたしの骨だよ!!返しておくれ!!!」
といってオバハンの家に強襲
激しい戦いの末にオバハン(亡霊)は自分の骨を取り返すサクセスストーリー

流石にこんな話他で見た事が

無い


鬼婆とかではなく、一般家庭の主婦らしい。(どっちも)

欲深い編、前編はコレでしゅーりょー(まだまだ続くよ
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-09 18:43 | 民話分析