てけとーな日常と気に入った民話を報告するブログ・・・?


by Hemorrhage

ウォッカと私とバンデラス山本

人間とは実に奇怪な生命体である
集団になれば必ずひとりはおかしなのが居る。
20人の集団に

「私はまともだと胸張って言える人~?」

と問いかければ大概7人くらいは手を上げるが
そういう連中は大概がおかしい。
人間ならば自らを疑うべきである。
自らを疑うと言うことは即ち自らを磨こうとする事とも繋がるが
疑いすぎて気が狂うのも稀に居る。
そして、大魔王が|

中略|

スポーツジムには普通シャワールームがあり
私の行っている場所にはサウナ、風呂 なども完備されている
ただ、私には疑問がたくさんある。

全裸の青年から老人まで居るこの場所に何故

清掃のおばはんが

我々よりどうどうと歩き回るのか

清掃のオババ>客>ジムの職員

と言う王国なのであろうか?ここ?

そして、サウナにも異様なクリーチャーが居る
c0049857_2116076.jpg


これが、簡易ではあるがサウナ室のつくりである
茶色が全部椅子。二段になっており、大勢が座れる
緑がTV。何かたれながししてる
紫が扉。唯一の外界との接点である。

最近サウナに現れたクリーチャーと言うのが
このTVの前で突然全裸で柔軟をはじめる男 である
引き締まった自分の体を見せ付けたいのかもしれないが
気持ち悪い事この上ない
筋肉おやぢがウネウネ動くのに私は一切の興味はないのだ。
綺麗なお姉さんのダンスならともかく。
別の場所でやってくれ・・・

後、最近多発しているのが、ルームランナーを後ろ向きに疾走する爺さん
何が目的かさっぱりわからぬが数人の目を釘付けにしていた。

とまぁ世の中には色々な妖怪が次々生まれているのである。
水木先生、安心して長生きしてください。
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-15 21:25 | 日記