てけとーな日常と気に入った民話を報告するブログ・・・?


by Hemorrhage

<   2005年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

重要なお知らせ

三国無双のせいで
ブログがままなりません
文句は凌統へ御願いします
呉最高うっひょー
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-28 12:42 | 日記

やっべ

日記ネタねぇわ。

いや、民話ネタなら幾らでもあるんだけど

え?クイズの答え?

回答者4人でやれと?

やりましょう

正解は・・・・

ギガンテス対策


いや、マヂで。
この界隈を騒がしている謎の暴走族
義癌手素・・・・とかじゃなくて
ボルトを締め付ける機械の名前をそういうそうで(うろ覚え)
俺のバイトが車整備等なもんで
良くタイヤの付け外しなんかをやるわけですよ。
で、ジャミラが|中略

c0049857_18435928.jpg


機械で締め付けられたボルトって
普通に六角レンチで外そうとしたら根元からジャムってしまって(壊れてって感じ
普通に外せないのよ。
で、六角レンチ(写真右)に鉄パイプさん(左)を合体させると
ギガンテスで締められたボルトでもテコの原理で
簡単にニョキニョキっと外せるわけ。


そんだけ


車上荒しが一番近かったので(車が絡む辺り
車上荒しと答えたつはものを正解とす。

解るわけ無いとかそういう反論は受け付けません。

ちなみに出た解答が

銀行強盗。

新手の未来健康器具。

うどんを作るために使う

・・・・何となく、頑張らないといけない気がしてきます。
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-23 18:55 | 日記

普通・・・・

ブログではやらない事をやってみようと思った。

ドラゴン捜索

やってみようじゃないか

現在解っている事

ドラゴン:特徴

でかい

つよい

こわい

実は居ない。

昼12時にJと合流、ふらふらしながら捜索開始

1時に「うん〇がしたくなったから」

と言って

*通りすがりの見知らぬ少女が
押している乳母車にう〇こする



と宣言したJを必死に止める。私は頑張った。
*Jは稀に知らない少年やおっさんを恐怖の渦に叩き込む癖がある(実話)

2時に吉牛で食事。アルバイト雑誌を読むJに

「人間って腎臓って二つもいらんよな?」

とか真顔で言われる。お前はどうか知らんが私は売らないぞ


三時にジム。特に何も無く終わる

6時前に街中をぶらつく

結果

居ました

はい、証拠

c0049857_21555370.jpg


でかくて怖いが頑張って戦いました

c0049857_21562045.jpg


逃げて行くドラゴン

神戸の狭い中華街で見るドラゴン行列(何て名前なんかねこの行列)って

ホント、邪魔だな・・・・(行きつけの店いけなかったよ・・・出店のラーメン全部あんまり美味く無いのはなんでかしら?

地元を敵に回しつつ今日はこの辺で・・・・
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-20 22:14 | 日記

^^

「ねぇねぇ、お話してよぉ!」
「そうじゃのぉ・・・じゃあゲルマニウム太君のために、最近の面白い話をしてあげようかのぉ。」
暖炉の前でパイプタバコをふかしつつ
私は一冊の本を取り出した
「ねぇねぇ何の話?」
「うむ、良く聞きなさい・・・・

あるところに、とても強い四兄弟がおりました

長男は世界征服を企み

次男は病める人々を救おうとし

三男は頭が破裂しかけており

四男は眉毛が物凄く太かった

そして、その四兄弟が血みどろの争いを繰り返した結果・・・・」

「うん?」

「私の就活はまたも失敗しましたとさ。めでたしめでたし・・・・」

「やったね!!暫定ニート!!」



〇.....TL

めでたくねぇよ・・・
今日も2社応募したっつぅの!!
俺負けない!!
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-19 11:28 | 日記

クイズです

最近の私のパートナー
c0049857_21245157.jpg


さて問題
私はこの子(鉄パイプさん)を使って何をしているでしょうか?

正解者には
ROなら100k
ガディなら10万R
リアル仲間ならラーメン一杯
他は適当に考えるとして
賞品出します。
集え答え(レスこなさそう

ああ、ブログ投稿者にしか見えない形で
答え載せて下さい

追記


面白い答えは後日匿名の形で掲載します。
名前は完全に伏せて誰かわからないようにするので
ご了承下さい

載せるなって場合はそれも記載してください

[PR]
by hemorrhage | 2005-02-17 21:28 | 日記
最近、ある漫画にはまった。

その名も

極道一直線


ハゲた組長が組員と恐ろしい敵と血塗れになりながら戦うストーリー
恐ろしい敵として
殺し屋
スパイダーマン
死神

etc・・・
等がおり・・・・


うん、ギャグ漫画

組長を血塗れにする確率が一番多いのが組員だったりするし
組長変身するしスタンド出すしわけわからん。
私と同じ波長を持つ人間にはオススメする。

他私のお気に入りの漫画を紹介すると

エレキング

薬屋のおいさんや41歳学生、猫氏、赤さん
と言うメンツが繰り広げるシュールな世界。
大橋ツヨシという作者なのだが
16年に1人の天才と言われている。
コレも面白い。
四コマ漫画なので気楽に読めるのも良い。

まぁ、要するにギャグマンガばっか読んでると
私のような生き物が出来ますよってそういう事です。
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-16 21:37 | 自己紹介
人間とは実に奇怪な生命体である
集団になれば必ずひとりはおかしなのが居る。
20人の集団に

「私はまともだと胸張って言える人~?」

と問いかければ大概7人くらいは手を上げるが
そういう連中は大概がおかしい。
人間ならば自らを疑うべきである。
自らを疑うと言うことは即ち自らを磨こうとする事とも繋がるが
疑いすぎて気が狂うのも稀に居る。
そして、大魔王が|

中略|

スポーツジムには普通シャワールームがあり
私の行っている場所にはサウナ、風呂 なども完備されている
ただ、私には疑問がたくさんある。

全裸の青年から老人まで居るこの場所に何故

清掃のおばはんが

我々よりどうどうと歩き回るのか

清掃のオババ>客>ジムの職員

と言う王国なのであろうか?ここ?

そして、サウナにも異様なクリーチャーが居る
c0049857_2116076.jpg


これが、簡易ではあるがサウナ室のつくりである
茶色が全部椅子。二段になっており、大勢が座れる
緑がTV。何かたれながししてる
紫が扉。唯一の外界との接点である。

最近サウナに現れたクリーチャーと言うのが
このTVの前で突然全裸で柔軟をはじめる男 である
引き締まった自分の体を見せ付けたいのかもしれないが
気持ち悪い事この上ない
筋肉おやぢがウネウネ動くのに私は一切の興味はないのだ。
綺麗なお姉さんのダンスならともかく。
別の場所でやってくれ・・・

後、最近多発しているのが、ルームランナーを後ろ向きに疾走する爺さん
何が目的かさっぱりわからぬが数人の目を釘付けにしていた。

とまぁ世の中には色々な妖怪が次々生まれているのである。
水木先生、安心して長生きしてください。
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-15 21:25 | 日記

ジャァァァアァアアック

ここで大概の話は前回ので終了するのだが
英国はちと違った

英国の主人公ジャックの場合

村でも有名な金持ちになったジャックは
「俺は大金持ちニダー。俺に見合う一番の大金持ちの娘と結婚するニダ。イルポンどもは皆お金をもって村の広場に集まるニダ。ジャックマンセー!」
と宣言し、家の金を残らず集めた村中の娘を広場に集めて並ばせる
その中には昔からジャックが恋心を抱いて居た娘が居るのだが
その娘は非常に貧乏で銅貨2枚しか持っていない。
そこで、我等がジャック、その娘に対して

「貧乏人は下がっていろ。列に加わるな!」

と優しい言葉をかけて、娘に蹴りを食らわして列から遠ざけます
号泣する娘。娘のエプロンは涙で一杯になったと言います
そこで、集まった娘全員を見て周り、金貨銀貨の束を見てご機嫌になったジャックは
にこやかに

「棒よ!娘達を打ち倒せ!!」

と叫び、娘を全員なぎ倒す

( Д )   ゚ ゚


そして倒れた娘達から金を奪い、蹴りを食らわせた娘に全て渡して
「これで君はこの村一番の大金持ちだ。ボクと結婚してくれ。」
「はい!」
と言うハッピーエンドを迎える。

まてまてまてまて
ジャックは魔法のロバから欲しいだけ金を手に入れることが出来る
それにも構わず何故娘達から強盗を働く必要があったのであろう?
今回攻撃されたのはまったくジャックに害意がない娘達である。
それなのに暴力を振るわれて財産まで奪われるとはこれはどういう了見か?

恐らく、「俺に逆らえばお前もこうだぜ?」
と言う事を娘に教えておきたかったのであろう。
恐るべしジャック・・・・

英国ではコレが正義として通用するのであろうか・・・?

ちなみに、フランスの場合は
主人公が突然大金持ちになったばかりに捕まり、
強盗を働かないと大金持ちにはなれないよね。と言う軽いノリで死刑を言い渡され
ぶちきれた主人公の棒の魔術により
死刑執行人から何から何まで殺してしまうと言う恐ろしいオチがついた話も存在する。

民話って奥が深い
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-15 12:37 | 民話分析

うーむーむ?

魔法・・・
無論メラやヒャド、ブリザラ、メテオ、ザン、ジオ等ではなく
所謂、概念的魔法。
民話の世界にはいくつもの魔法が存在する
そこで、特に多い
しかもある程度の国に通例として存在する魔法を一つ紹介しよう
代表的な、ある意味共通的な奴で
魔法の入手経路こそは国で違うが
効果が同じ魔法が民話界には存在する

金貨を生むアイテム

美味しいご馳走を出すアイテム

相手を完膚なきまでに殴り倒すアイテム
この三つの1セットである。
このアイテムには法則性がある。
殴り倒すアイテムだけは絶対最後に出る事
最後のアイテム以外は一度だまされて奪われる事
最後のアイテムにはまず主人公が殴られる事

最初の二つの形状はマチマチである。

金貨を出してくれるアイテムは
例えばロバだったり(耳を引っ張れば金貨が出る。命令すれば金を吐く。
美味しい液体だったり(飲み干さずに家まで持って帰れたら金貨になる

ご馳走を生み出すアイテムは
テーブルクロスだったり(そういえば昔ドラえもんでそういうのあったな
テーブルその物だったり(持ち運ぶの不便だな
二人の若者だったり(袋の中に入っており、飯を作れと命令すると出てきてご馳走を作る

そして、最後の殴り倒すアイテムは
大概が棒状(命令すると辞めろというまで相手を殴り続ける
例外がまた二人の若者(棍棒を持っており、袋から出てきて相手を殴り倒す

稀に人が死ぬ

富と警告を象徴するアイテムとは素晴らしい話であるなぁ・・・
さて、この話のパターンを説明すると

主人公が何らかの加護によって1or2のアイテムを手に入れる
乱用しながら宿屋へ着く
豪勢な飯を食べて寝ている間に宿の主人がそっくりなロバorテーブル等を用意して
主人公の本物とすりかえる
家に帰ってかみさんに怒られるor虐待される

状況によっては殺されかける。

三番目のアイテムを入手し

とりあえず殴られる

アイテムをくれた人(人じゃない場合も多々)の忠告で
宿屋の親父orおかみに逆襲

その後かみさんor父親にも攻撃(稀に死んでる

そしてハッピーエンド・・・
コレが普通のパターンである。 後編に続く
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-15 12:25 | 民話分析

結局

昨日は何のネタも起こらずじまいでした。
いやー私は悲しい。
しかし、今日はちとイベントがあり、何か起こってくれる予感がします。

そのイベントとは・・・

吉野屋に!!!

牛肉が!!!!

一日だけ復活!!!


OK。三行稼げた。

まぁそれだけでは終わるまい。
まぁ私は民話分析すればいくらでもネタが生まれるのだが
とりあえず、ちと日記らしく日々を語ろうではないか。

私は稀にマッサージ店に行く。
大人の店じゃなくて普通のマサージ店である
肩や腰に疲労がたまりやすいらしく
稀にほぐさないと結構辛い。
おっさん臭い等と言われるかもしれないが
うまい人に揉んでもらうと本当に気持ちよく、
各体の箇所がすっきりするものである
あれは私が学生時代の頃
空手部の先輩ビッグマウンテン氏、略してBMさんとJと私でバッティングセンターへ行った時の事である(たぶん)
J「BMさんどこかマッサージしてくれる店知りませんか?」
BMさん「大人のマサージ?ええとこあるよー?」
J「いや、マジで腰『いわしてる:壊してるの意』んですよ。どこか知らないっすか?」
BMさん「だから、大人のマサージやろ?お姉ちゃんパワーで元気なるぞ?皆でいくべ?」
BMさんは基本的に腰で物事を考える。
たぶんこの人の脳みそは腰か股間についているに違いない。
私『彼女持ちの男の台詞じゃないよなー・・・とか思うけど怖いから言わない』
空手部の先輩ってだけあってBMさんは体格ががっしりとしており
Jとは違った意味でがっちりとしている
合気道やらも昔していたらしく、怒らせたくない人間の一人でもある
(まぁ仲の良い人間には優しい先輩なので我々に怒ったことは一度も無い。がこのブログでむちゃくちゃ書きすぎたら先輩に怒られるかもしれないのでこのくらいにしておこう)
J「ヤー」
BMさんの足にローキックをかますJ
(Jが昔得意技と言っていた気がするがJのローは結構重い。)
BMさん「オウチッ」
BMさんちょっと悶絶
その後頭突きで反撃、コレも結構痛い
BMさんは彼女にマジ頭突きをかまし、

彼女を座り込ませる修羅でもある

BMさん「ホンマに腰いたいん?」
J「だからそう言ってるじゃないですか。」
BMさん「じゃあ、ちょっといこかー。」
外へ足を向けるBMさん、続く我々
私「BMさんどこか知ってるんですか。」
BMさん「うん。近くにゲーセンあるから。そっちいこか。」
私「ゲーセン行くだけっすかっ」
J「ヤー」
再び蹴り、再びのけぞるBMさん
~中略~
あれから二度ほどローキックが放たれるのを見てから
我々はマッサージのあるぽかぽか温泉という施設へたどり着いた
とりあえず、20分コース1500円を受ける事に
当時はここしか知らなかったのだが
神戸に戻ってあそこがいかに安かったかを思い知った
マッサージ師は二人おり、
Jと私は別のマッサージ師の施術を受ける事になる
Jの方のマッサージ師はJを更に一回り大きくしたような体格で
女の子の足より太そうな腕をしており、
昔ナマで熊たべてました
と言われても違和感のない大男である
そして私はその大男のせいかちっちゃく見えるかなり可愛い女性の施術を受ける事となった

私『神よ、ありがとー!!』

心で叫んだのは言うまでも無い
で、施術中
本当に気持ちが良い。お姉さん中々テクニシャン(余計な戯言)
疲れのたまった体の各パーツに刺激が伝わってくるのがよく分かる
20分はあっという間に過ぎ、私はマッサージ場を出て(Jが五分位後だった)
一人、ラーメンをすすっているBMさんの場所へ戻ってきた
BMさん「よっぽど気持ち良かってんな?」
私「分かります?」
BMさん「風俗行った後みたいな顔してるで。」

断っておくが本当にマッサージしかしてもらってない
私「いや、私は初めてなんですけどマジで気持ちが良いですよ。サイコーでした。」
BMさん「そやろー?ええやろー?たったアレだけの金でこんなええ思い出来るねんで?」
私「いやー。ホント気持ち良い。また金貯めて来ようかなぁ~・・・」

会話だけ書けばどこに行ってきたか怪しい匂いがするぽかぽかマジック
そしてしばらくしてJが戻ってきた
J「いやぁ、ききますわぁ・・・」
私「ごっついおっさんに当たったなぁJ」
皮肉たっぷりにそう言ってやるとJは神妙な面持ちでこう答えた
J「なんか、10年に一度来るか

来ないかの客や言われた。」


相当ボロボロだったらしい
あの位の巨漢のパワーじゃないとJの腰を回復させるのは難しいそうな。
しかも一回の施術じゃ到底直らないらしく
通うように進められ、Jはバイト代を殆どここで使う事になった。
それから神戸に戻ってもマッサージ店を探し

「あの店」に辿り着いてしまったのである 

後編に続け
[PR]
by hemorrhage | 2005-02-11 11:45 | 日記