てけとーな日常と気に入った民話を報告するブログ・・・?


by Hemorrhage

<   2005年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

楽天イーグルス

適当にぼーっとTVのチャンネルを変えていると
ソフトバンク6-2楽天
と言う文字が目に飛び込んできた
疲れきって居たせいか
野球球団にその二つの名前がある事を理解出来ず
何の戦か真剣に悩んでたりした

まぁぶっちゃけどうでもいいが

http://chat.2log.net/s4913/archives/blog361.html

ここは一見の価値あり

載せて良いとかの許可もらってねぇけど載せてええんかな

問題なったらこっそり消そう

ぬるぽ(^^)
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-31 19:26 | 日記

ユオンです・・・

今日の仕事の賄が
寿司でした・・・
ユオンです・・・
ユオンです・・・







         /\
    ___ /  \  /|
    \   /     \/ |
   __          ヽ>
  \  /`ヽ  / ヽ / | |
   \ |  / | /\  /∨
   _\| /..∨●   ● | クリリンの事か──!!
   \  .. |   ( _●_)  ミ
    ..\| |.   |∪|  、`\
     / __   ヽノ/´>  )
     (___)   / (_/
      |       /
      |  /\ \
      | /    )  )
      ∪    (  \
            \_)





美味かったけど
肉体労働だとちょっと数が少なかったなぁ・・・
でもかなり幸せでした まる
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-29 19:11 | 日記

欲求

人は欲で動く
よくは悪ではない
欲を制御しきれぬ人間が悪い
欲がなければ人は進歩せず、また生きていくことすら出来ぬのだから。

人は皆何かをほしがる
金を
権力を
名声を
女なら男を男なら女を
宮崎アニメ、風の谷のナウシカの何か金色の姉ちゃんが巨神兵をほしがるが如く
ほりエモンがフジテレビを欲しがるが如く(タモリの体が目的と見た。変態め)
私は欲し
そして手に入れた!
ナショナ〇の電気ポットを!!!!

お湯が沸かせる!!
珈琲も紅茶も思うがままだ
カップ麺で腹を満たす事だって出来る
焼酎かってくればお湯割りだって作れる
熱湯で城壁をよじ登る敵軍の兵隊だって倒せるし
相手の首や頭のヤバイ所を狙えば一撃必殺の破壊力だって秘めるかもしれない
凄いぜ電気ポット!!

名前も付けよう
グラジャラボラス!!!
俳名は殺戮活花和尚
c0049857_1854236.jpg

目とメーカー名に線は入れておこう。

ハッハッハ
私の野望が一歩先へ行った。
皆悔しがるが良い。

何にかは知らんけど・・・
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-27 18:54 | 日記

えーと

私には会話センスみたいなものが無い
だからある程度勢いに頼ってしまう

学生時代、大学でこんな経験をした事がある

三国無双2猛将伝購入後Jと合流して食料買い込んで徹夜で遊ぶ事にし、
部屋の電話に連絡を待つ
1時間位合間があり、暇だったので
途中神聖モテモテ王国と言う漫画を1~5位まで読んで脳内テンションがヒートアップ
プルルル
電話が鳴る、Jと思い込んで一言
開口一番ドスの聞いた声で言い放つ

「あ゛?こちとら慈善事業で

やってんじゃねぇんだよ!!

帰れ!!!」


「え、あ、ごめんなさい」

何か知らない女の人の泣きの入った声
そのまま切られる電話
・・・・誰?('A`)

でもテンション高いままだからJからの電話が来ても
1人で笑ってた・・・

進化したい・・・('A`)
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-26 10:57 | 日記

マー












豚肉のジャガマヨ炒めってゲテと思った。
以上
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-25 14:21 | 日記

無事・・・・

戦争も終わりました(ヨン様戦争

ってか有耶無耶になっただけで
理解はし合ってないんだけどね。
親父を理解できる人は日本に何人居るのかわかりませんがね

最近ガディウスもROも足運んでません
貿易と英語と勉強してます。
叔父の社の役に立つ、叔父の社を盛り上げる人間にならねば。
(結構繁盛してます。叔父の会社)
何せ叔父の会社は8割以上が海外との取引。
昨日叔父の家で色々教えて貰っていたら
突然電話→叔父が応対

流暢に英語で楽しそうに会話してます
電話が終わって叔父が席に着き
私は気になって尋ねました

私「どちらのお国の人ですか?」

叔父「ああ、〇×国の空軍のエライ人。」

私「!!」
なんだか私の中で色々と盛り上がって参りました。
最近おかげでやりがいも生まれました。
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-23 16:41 | 日記

助けて・・・・



第二次ヨン様戦争勃発


今度はマジだぜ!!!!



いや、本当にもう助けて・・・
母と父と口利かずに食卓を囲み
親父は勝手にぶち切れて物を叩きつける
俺の胃はガンガン痛む

そもそも原因がばかばかしい

今回も韓国ドラマのDVDを母が親父の知らない間に見ていたのが
翌朝親父がDVDを使った事で発覚
親父激怒
(親父は勧告、中国、北朝鮮が大嫌い。特に今回の竹島の事件で
韓国は暴虐の国だ。ワシはあんな国大嫌いじゃ!!!)
と言ってミサイルで攻撃しろとか言い出す始末(何様だよほんとに・・・)

親父はあれか、竹島事件のせいで韓国全土を敵に回す気なのか・・・

キムチ大好きで今日も夕飯に食ってたくせに・・・

母には他に楽しみが無いんだから
ドラマ位認めてやれよ・・・

言っても聞かないどころか余計不機嫌になりやがるし・・・

ああ・・・・誰か助けて・・・
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-19 20:41 | 日記

今回のお話

むかしむかし

あるところに川中島デス太郎とデス次郎とデス座衛門がおりました
幼い、心が道頓堀と正反対な程綺麗なデス座衛門が街道を馬車で疾走していると
街のはずれにある大岩に
光り輝く老人が突き刺さっていました
岩の横に看板があり
『この爺を引き抜いた者の兄貴は、もしかしたらこの国を救うであろう。」
と書かれており
デス座衛門は
「what's?」
といって首をかしげました(デス座衛門は英国人でした)
漢字が読めなかったのですが、とりあえず爺を引き抜きました
「おお、心優しい若者よ、お礼に何か一つだけ願いを叶えて進ぜよう」
「oh!Harakiri!!!I want to see the Harakiri!!!!」
(私は切腹が見たい)
「・・・・・」
中略
         ,─────ー、
      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    ヽ
   / ̄/ヽ ̄ ̄ ̄ヽ |     つ
   |/ |∩|  ̄ ̄ ̄ ノ__  \
  彡 ( ̄● ̄)   ミ    > >   )
   | ●   ●   |    (  (   i
 ⊂ヽ_____つ     \_\_つ

デス座衛門は爺から魔法の電話を貰いました
三度だけ自分の話しをしたい相手に
何があろうと必ず通話可能な不思議な電話です(通話料金爺もち)
再び自分から刺さり直した爺を尻目に
デス座衛門は兄弟達の待つ家に電話を持って帰りました
「よし、デス座衛門、おぬしからかけてみぃ。」
デス太郎の声に頷き、デス座衛門は受話器に手をかけ
唱えました
「hello?mother?」
「oh!!my Son!!!」
デス座衛門は天国の母と小一時間通話しました。
「おー、本当だな。こりゃ凄い。」
「おし、兄者、次は俺じゃ。」
デス次郎は頬を赤らめつつ受話器を手に取りました
「もしもし?デス麗子さんでしょうか?」
「まぁ!!」
デス次郎は憧れのデス麗子さんに思いを伝えようと思ったのです
「実は、このデス次郎!!」
「まぁ!」
ツー・・・・ツー・・・・
気持ち悪がられて
途中で切られました
撃沈したデス次郎の肩に優しく手を置き、
デス太郎は受話器に手をかけました
「もしもし?」
「まわし??」
「アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!」
相手を確認してデス太郎は相手の鼓膜よ割れろとばかりに
喉も割けんばかりに叫びました
「ギュァアアアアアアアアア」
「よし、殺った。」
デス太郎が電話した相手はデス王国の敵軍、まわし軍総大将まわし義男でした
デス次郎とデス座衛門の耳からも血が漏れていましたが
デス太郎は国を見事に救ったのでした
めでたしめでたし
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-18 19:19 | 機密ファイル

ちょっとずつ

物語を作ってみよう

後世に民話を残そう

という趣旨で

早速一本描いてみよう

主人公は勇敢な正義っぽい青年で
ちょっと苦労してるんだけど
正直さゆえに得をして
ハッピーエンド

これ王道。ひねりも無い気がするが
それこそ人の心を打つとかどこかのナマモノが言ってたからokだ

開始

むかしむかしある所に

鬼河原・デス太郎という青年がおりました
デス太郎は毎日病気の母親のために
宇宙戦車川中一号に乗り込み
悪い宇宙人と戦って生き血をすすり
日給4500円を稼ぎ、何とか暮らしておりました

そんなある日
デス太郎が道を歩いていると
道端に老人が倒れていました
心優しいデス太郎は老人を介抱し
1人で空を飛べるまで手厚く看護しました
23分位たって元気を取り戻した老人はデス太郎に言いました

「心優しい青年よ、お前の望みを一つだけ叶えてやろう。」
老人がそういってデス太郎に近寄ると
「無理するな。」
デス太郎は笑顔でその手を跳ね除けて職場(戦場)へと歩いて行きました

不思議な事にその日からデス太郎の時給が700円上がり
彼は幸せにくらしましたとさ

めでたしめでたし
    |┃三     ∩___∩       
    |┃      | ノ      ヽ
    |┃ ≡   /  ●   ● |<誰か俺のプリン食った?
___.|ミ\__|   ( _●_)  ミ  
    |┃=___    |∪|   \  
    |┃ ≡   )   ヽノ   人 \ ガラッ

[PR]
by hemorrhage | 2005-03-18 00:09 | 機密ファイル

ワラ

無事就職決まりました。



取り消しました。


半年でバイバイとか言われて

誰が行くか と

親父と叔父にも反対されてしまいました

英語を覚え、叔父の会社を継ぐとか言う話もあがったり

運命はまた変な方向へ・・・?
安心したのはナイショ
[PR]
by hemorrhage | 2005-03-16 19:05 | 日記